Monthly Archives: 8月 2014

次は電気代を抑えてみせます

私は消費税が8%に上がって以来いかに税金を抑えて家計を遣り繰りしていくかを考えていました。水道代の節約にはなんとかチャレンジ出来て成功しています。しかし、これから先の更なる増税のためには節税対策が必要不可欠になってくるので良いアイディアが浮かんだらすぐに実行に移しています。

hi7y8t今回は電気料金をいかに節約出来るか考えてみました。以前からあるコンセントのプラグを抜くということは節約方法は火災の防止にもなるのでコンセントのホコリ掃除も兼ねて実行しています。また意外と知られていないのが電気代を節約しようと思って各家電を小まめに消されている方もいらっしゃると思いますがこの行為は逆効果らしいです。

テレビでやってたのですが家電は電源を立ち上げる際に消費電力が上がるらしいです。ですから部屋を出るたびにエアコンを消したり着けたりしていたら電気代が上がるということです。私はこの行為を10年以上やっていたのでショックでした。過度な節約志向が意外と損をする結果になってしまうこともあるので気を付けようと思います。

収入の少ない方は対策を

78968若い世代は収入が少ない状態が続いてしまい、税金を支払うのも厳しくなっていきます。節税というものを考えるためには色々な制度を利用していくべきです。特に年金という部分が節税にとって重要となってきます。この金額を減らしてしまえば間違いなく節税を実現できます。

年金は免除という制度が利用出来るので、支払っている税金によっては免除の対象となります。全額免除となる場合もありますが、多くの方は部分免除か納付猶予という方法が採用されます。部分免除の場合は支払い義務こと生じますが、普通に支払っているよりはるかに楽なので安心してください。納付猶予の場合は支払えない場合は払わなくてもいい状態となっています。

若い方は年金を受け取れるかどうかが分からないという問題もあり、積極的に年金で節税を行った方がいいです。馬鹿正直に支払うよりも控除というものを有効に使い、少しでも支払う金額を減らしていくといいです。まずは年金から手を付けて、それ以外にも控除できる物がないか見つけていくといいでしょう。